FC2ブログ
前回、名前がガロホステル神戸に決まったと報告した後、暫く更新していませんでしたが、しれっとオープンしています。

今更ですが、リノベーション中の写真を少しアップします。









ビフォーアフターを一部公開!

Before


After


Before


After


Before


After


ベッドもオーダーメイドです。兵庫で活躍する大工さんがデザイン&作成してくれました。

予想以上に時間がかかってしまいましたが、やっとオープンしました!


また、オープンしてから「そちらはどんな宿なの?」「どこにあるの?」「シャワーはついてるの?」という問い合わせをよく頂きます。

ガロホステル神戸は昭和レトロな建物をリノベーションした個室と相部屋(ドミトリー)があるアットホームで小さな宿です。

場所は新神戸から徒歩5分、三宮駅からバスで約12分もしくは徒歩約20分の場所にあります。

シャワー&トイレは勿論ありますが、他のお客様と共用となります。

徒歩1分の場所にコンビニと三宮駅行きのバス停があり、いくつかのカフェやレストランもあります。

近所の観光名所は布引の滝、布引ロープウェイ、竹中大工道具館があり、徒歩20分以内で北野エリアへ行けます。

フェイスブックページにも少し情報を書いていますが、詳細はもうすぐ完成予定のホームページに記載致します。

完成しましたら、告知致します!


これからブログも定期的に更新するのでまた覗いて頂ければ幸いです。
2017.10.03 / Top↑
物件が決まった後、宿の名前を何にしようか考えました。

日本家屋ならこれという和風な名前は決めていましたが、建物はレトロ感があるものの、日本家屋ではないので名前を再検討しました。

当初、候補に挙げていた名前は複数ありましたが『ホステルジョンコ』を最終候補にしていました。

これは私達が目標としている日系人経営の宿に由縁がある名前です。

その宿は、南米パラグアイの日系人移住地にある超人気の民宿。

こんな大自然に囲まれた場所にあり、ホスピタリティ溢れる日系人のご夫婦が運営しています。
2-minshukukoba.jpg

2-P1263374.jpg

オーナーご夫婦の人柄と落ち着いた宿の雰囲気が旅行者に安心感を与え、出発する気を0にしてしまう事から「連泊させる宿」と言われています。

古き良き日本にタイムスリップしたようであり、日本ではない。

周辺は赤土と緑しかなく、まるで桃源郷のような場所です。
2-minshukukoba3.jpg


でも、、、はっきり言って神戸でそんな場所を作ることは難しいです。

ですが上記の宿のように落ち着いて過ごせる宿を目指そうという事でこの名前にしようかと思っていました。


ただ、神戸に関連する名前にしたいとも思っていたので別の名前も考えてみました。

そのなかでピンときたのが北野異人館『風見鶏の館』にある風見鶏。
2-kazamidori2.jpg
(画像は神戸公式観光サイトFeel KOBEから拝借)

風向計や魔除けの意味があり、神戸のシンボルの一つでもありますが、なんとなくこの風見鶏が好きです。

そして今年は酉年。

さらに私が一番好きな国、ポルトガルでは雄鶏が縁起物とされています。

その雄鳥の名前が『ガロ(ポルトガル語で雄鶏)』です。

正式名は、Galo de Barcelos(バルセロスの雄鳥)。

このガロは、ポルトガルのバルセロスという町で巡礼中の旅人を救ったという伝説があり、幸福のシンボルとされています。

そしてポルトガルやポルトガルに所縁のある国や地域ではこの『ガロ』を風見鶏にしている家もあります。

もうこれしかないでしょう!というぐらいしっくりきたので、このガロを用いて『ガロホステル神戸』にしました。


現在はロゴを作成中です。
2017.07.05 / Top↑
先週から一部の解体作業が始まりました。
2-IMG_20170603_155916.jpg


それに伴い、問題が続出。

古い建物なのである程度は覚悟していましたが想定外な事が多々起こっています。

そして工期が少し延び、予算も完全にオーバー!

それでもカエル君のおかげで徐々に解決しつつあります。

私達だけではお手上げ状態に陥っていたかもしれませんが、彼に窮地を救われています。

多忙のなか、僕らのために身と時間とお金を削りながら助けてくれて本当に感謝です。


今週から廊下のクロス張替えを開始しました。
2017.06.21 / Top↑
先月から工事業者と改装の打ち合わせを行っています。

大まかなコンセプトは決まっていますが、現在はベッドや内装等、細かな部分をどんなものにするか考案中です。

一括りにホステル、ゲストハウスといっても宿によってそれぞれ多少タイプが違います。

部屋も宿によってドミトリー(相部屋)のみ、個室のみ、ドミトリーと個室のところがあります。

私達は個室とドミトリーがある宿にしようと考えています。


例えば

このお洒落なAの宿も
2-DSC05869.jpg

2-P2183952.jpg

2-P2193957.jpg



このなかなかカオスそうなBの宿も
2-P8023757.jpg

3-P8053858.jpg

どちらも人気のホステルです。


Aのホステルは部屋が個室のみで宿泊料金もホテル並みで立地も街の中心から少し離れていますが、設備や内装、景色が最高でした。

Bのホステルは、宿泊料金が相場よりも安く、外観や内装は乏しく、設備は新しいとは言えないものの、使用可能というぐらいのレベル。

でもこの宿はスタッフが親切かつ地元に関する情報力が豊富で建物も観光地の真ん中という好立地のため、満室が続く宿です。

同じホステルでもタイプがかなり違いますが、AもBもそれぞれ個性があり、どちらとも良かったという印象が残っています。


AとBの両方を兼ね備えた様な宿を作りたいのは山々ですが、現実的に私達の資金力と物件ではA宿のような立派な造りにすることは相当厳しいです。

でも外から宿に戻ってきた時に「帰ってきた!」と思えるような快適で落ち着いた環境を作りたいと思っています。

そしてB宿のようにできるだけ多くの情報を提供して宿泊者がより観光を楽しめるようにしたいです。

可能な限り色んな部分を試行錯誤して改良していくつもりです。


また進展があれば更新します。
2017.06.04 / Top↑
はじめまして!

宿をしたいと約7年言い続けているDです。

この度、ようやく宿の計画を実行できる見通しが立ってきたのでブログを開設しました。

これから徐々に更新していこうと思います。
2017.05.15 / Top↑